NEWS

お手入れ方法 Care

弊社(株)山崎麻織物工房より能登上布商品(着物・小物)のお手入れ方法を以下よりご紹介いたします。
ご不明点等ございましたらご連絡くださいませ。

●ストール、スカーフ、羽織、マスクカバー商品
--------------------------------------------------------------

・ご自宅で洗濯可能です。押し洗いで手洗いし、軽く水気を絞って下さい。(水洗いまたは中性洗剤)クリーニングに出す場合は水洗いを指定して下さい。
・化学染料を使用しているため、ほとんど色落ちしません。
・手洗いの際、多少縮みますが、濡れている間にしわを伸ばして下さい。
・なるべくアイロン掛けを避けて下さい(使用する場合は霧吹きをかけて当て布をして下さい)

●イヤリング、コサージュ等アクセサリー
-----------------------------------------------------

・アクセサリーはデリケ-トなため型崩れしないようにお取り扱いにはご注意下さい。

●トートバック、ショルダーバック、巾着ポシェット商品
------------------------------------------------------------------------

・ご自宅で洗濯可能です。押し洗いで手洗いして下さい。(水洗いまたは中性洗剤)
・化学染料を使用しているため、ほとんど色落ちしません。
・手洗いの際、多少縮みますが、濡れている間にしわを伸ばして下さい。
・アイロンを使用する場合は霧吹きをかけて当て布をして下さい。

●着物
----------

・ご自宅で洗濯可能です。押し洗いで手洗いして下さい。(水洗いまたは中性洗剤)クリーニングに出す場合は水洗いを指定して下さい。
・多少色落ちをする場合がございます。
・手洗いの際、多少縮みますが、濡れている間にしわを伸ばして下さい。
・手洗い後、軽く水気を絞ってから、衣紋かけに干し、縦方向、横方向にしわを伸ばし、影干しして下さい。
・半乾きになったら、着物を畳紙等に入れ、上に座布団等で重しをしてしわを伸ばす敷きのしをして下さい。
・しわが取れない場合はアイロン掛けをしてください(使用する場合は霧吹きをかけて当て布をして下さい)

●帯
-------

・ご自宅で洗濯可能です。押し洗いで手洗いし、(水洗いまたは中性洗剤)タオル等で水気を吸い取って下さい。クリーニングに出す場合は水洗いを指定して下さい。
・多少色落ちをする場合がございます。
・手洗いの際、多少縮みますが、濡れている間にしわを伸ばして下さい。
・アイロンを使用する場合は、半乾きの状態または霧吹きをかけて、当て布をあてながら使用して下さい。