ABOUT

能登上布 公式ONLINE STORE
能登上布 公式ONLINE STORE
能登上布唯一の織元 (株)山崎麻織物工房

弊社、能登上布唯一の織元(株)山崎麻織物工房が運営するオンラインストアです。 弊社で開発した能登上布商品を取り扱っています。 能登上布とは-神代から伝わる最高級の麻織物 ------------------------------------------------------------- 上布とは、上等な麻織物のこと。約2000年前に崇神天皇の皇女が中能登地方で機織りを教えたことが能登上布の起源だと伝えられています。 江戸時代に技術向上を続け発展し、明治時代皇室の献上品に選ばれるまでになりました。ひんやり涼しい風合い、「蝉の羽」のような透け感、シャリ感、光沢感、張り感があり、夏の最高級の着物として愛好されています。昭和初期の最盛期麻織物の県生産量が日本一になりましたが、戦後着物離れが進み、現在山崎麻織物工房が唯一の織元になりました。能登独自の櫛押捺染やロール捺染と呼ばれる職人技術から生まれる繊細で上品な絣模様が特徴で、石川県指定無形文化財となっています。今も昔ながらの手織りで織られ、能登の風土を生かした凛とした絣柄や縞模様、落ち着いた色合いは素朴でモダンな雰囲気が魅力です。 能登上布唯一の織元 株式会社山崎麻織物工房 -------------------------------------------------------------- (株)山崎麻織物工房は1891年(明治24年)紺屋(染め屋)として創業。創業約130年、能登上布伝統の技を継承する唯一の織元です。戦後織元が年々減少し「滅びゆく能登上布」と言われるほど大変厳しい時期もありましたが、3代目織元が語っていた「こんなによいものを残さないのは罪だと思う」という言葉を胸に、代々守ってきた伝統の技を次世代につなぎ、美しい能登上布を残していきたいと願っています。 商品の特徴・ブランドコンセプト ----------------------------------------- 神代からつづく最高級の伝統的夏着物 能登上布唯一の織元工房がプロデュースする日常で愉しめる着物・小物ブランド。 「能登伝統の麻織物と凛とした日常に出会う」をテーマに、能登上布を通して出会う日本の美意識や文化、伝統と今を行き来し、日々が少し変わる凛とした日常を能登上布の手仕事でつくられた着物・小物と装いから提案します。 能登上布の小物はよいものを長く使い、ゆるやかな時間の中で日々を丁寧に送り心が豊かになるくらしとの出会いがあります。さらに、能登上布独特の手織りの麻の素材感、着心地のよさ、透け感、軽やかさ、張り感、光沢感、能登の風土を映した現代的で落ち着いた伝統色柄など、夏の贅沢な日常着とされる能登上布の上質さはそのままに、小物雑貨やファッションで日常でも愉しめます。 能登上布は、軽やかな品格やプリミティブさ、手仕事から生まれる緻密さが共存する姿が魅力で、独自の手捺染技術から生まれる緻密で凛とした絣の魅力を伝える商品から、職人技術を能登上布の美しい布とともに次世代につなげていきたいと考えています。